なぜ文法が英語力の基礎になるのでしょうか?

AUTHOR

SSSスタッフ

DATE

2022年06月30日

CATEGORY

Video

なぜ文法は英語にとってそれほど重要なのでしょうか?実に単純な話です。それは、文法が家の骨組みのようなものだからです。骨組みがなければ家もないし、骨格がなければ体もないわけです。それと同じように、文法がなければ英語は成り立ちません。文法は構造体であり、支えなのです。そしてもちろん、その後もです。

基礎はすでにできているのです。あとは、語彙や発音など、あらゆるものを追加していけばいいのです。でも、すべては土台となる文法から始まるのです。もし文法がなければ、英語は成立しないのです。

Why is grammar so important to the English language? Well, it's very simple, really. It's because grammar is like the framework of the frame of a house, right? So with no frame, there's no house, with no skeleton, there's no body. Similarly, with no grammar, there's no English language. It provides the structure and the support. And then, of course, after.

You have the foundation already in place. Then you can add everything else, the vocabulary, the pronunciation, all that other stuff. But it all starts with grammar as a foundation. And if you don't have that, then you don't have the English language.